常時SSL対応のセキュリティでアクセス数を伸ばす

データの送受信を暗号化することで閲覧者は安心する

ホームページにアクセスしている人の中には情報が漏洩することに対して不安を感じている人がいます。たとえば、自分がどのようなページにアクセスしているのか、また、そのページでどんなことを検索しているのか、第三者に筒抜けになっていたらどうしようといったことを考えているのです。特にオンラインショップのユーザーはそういった傾向が強いでしょう。
では、そういった不安を感じさせないためにホームページの運営者はどういった対策を取ることができるのかというと、たとえば常時SSLに対応させるという方法があります。SSLに対応するとサイト上でのデータのやりとりを暗号化することができますが、以前はメールフォームなど、特定のページにしか適用されていませんでした。しかし、近年はサイト全体に適用するのが一般化しています。

常時SSLは閲覧者に対してアピールポイントになる

常時SSLに対応するとホームページが存在するサーバーと閲覧者の端末の間の通信がすべて暗号化されるため、第三者がその内容を覗き見することはできなくなります。サイト閲覧者に対してのアピールポイントになるので、「安心して利用できるサイト」としてアクセス数の向上が期待できるでしょう。たとえば、サイトの使い勝手や商品数、販売価格に差がないのであれば、クレジットカード情報を暗号化することなく送信させるサイトと比較して、常時SSLが適用されているサイトを選ぶ人が多くなるのはほぼ間違いありません。
ただ、常時SSLを適用する場合に注意しなければならないことが一つあります。それは、古いガラケーに対応していない可能性があるという点です。そのため、昔のガラケーを使っている閲覧者に対してなんらかの配慮が必要になるでしょう。