全デバイス対応のモバイルサイトを作成してアクセス数を伸ばす

「モバイルファースト」を重視したサイト作成が行われている

近年、インターネットの世界では「モバイルファースト」という言葉がよく使われます。昔はネットに接続可能な端末はパソコンのみで、必然的にパソコンのモニターで見ることを考慮したデザインでサイトが作成されていましたが、現在はスマホやゲーム機など、パソコン以外のモバイル端末からサイトを見る人が増えています。そのため、モバイル端末に合わせたサイト作りを行おうということです。
モバイル向けのデザインを作ることはサイト運営者にもメリットがあります。パソコン向けのデザインであってもスマホのブラウザで見られないことはありませんが、モニターの解像度に違いがあるのでスマホでは相当見づらくなってしまいます。そのため、パソコン向けにしか作られていないサイトの場合、モバイルユーザーが敬遠するのでアクセスが伸びないのです。モバイルサイトを作ればアクセス数の向上につながります。

レスポンシブデザインを導入する

では、モバイル端末に合わせたサイトを作るためにはどうすればいいのでしょうか。近年のやり方としてはレスポンシブデザインの導入が基本です。レスポンシブデザインにすると、共通したHTMLとCSSを用いてパソコンに対してはパソコン向けのデザインを、モバイルに対してはモバイル向けのデザインを表示させることができるので管理も簡単になります。
レスポンシブデザインを作る場合に重要なのは端末の解像度を把握することです。というのは、CSSで解像度ごとにデザインを設定するのがレスポンシブデザインの作成方法だからです。一口にスマホといっても、機種によって画面解像度は異なるのできちんと調べて設定しましょう。また、タブレットの存在も忘れてはなりません。